こた通信!

こた通信

THE 雑記

登山に興味を持ち、いろいろ買ってしまった品々を紹介する。

 

近頃、山に行ってみたくなっている。

というのも、3月の土日で暇つぶしに「ヤマノススメ」というアニメを一気見したからである。

 

ほんとに暇つぶしにに何の気なしに「ヤマノススメ」を見始めたらがっつりハマってしまった。

女子中高生が主人公のほんわか萌えアニメではあるが、登山の魅力をよく描いていると思う。

なお埼玉県飯能市が舞台だが、高尾山や富士山、谷川岳などに登っている。

 


ヤマノススメ 一合目 「山だけはダメ!」

 

「ヤマノススメ」はdアニメストアで視聴できる。

最近では「おおきく振りかぶって」や「魔法陣グルグル」を見ている。

充実したアニメ作品のラインナップで非常におすすめである。

月額も432円と非常に安価だ。

 

で、山登りに話を戻す。

最近では街着でもアウトドアMIXのファッションやデイパックが人気なので、山用のグッズには何となく馴染みのある人も多いのではないだろうか。

 

僕は「ヤマノススメ」を見てる途中でテンションが上がり、車を走らせ飯能市の天覧山に登りに行ってしまった。

 

f:id:kotaronobuta:20180409183352j:image

f:id:kotaronobuta:20180409183504j:image

 

何にも持たずに行ってしまった。

標高も低いのでほんの30分程度で登れてしまう。

頂上には何もなかったが、良い天気で気持ちよかった。

おにぎりくらい持ってきて食べればよかった。

 

「ヤマノススメ」を全部見た僕は、今度はいろいろ調べ始める。

特にウェア類だ。

ファッションが好きで形から入るタイプはこういうところでお金がかかるからタチが悪い。

 

dマガジンでも「山と渓谷」という雑誌が読めるが、やや玄人向けな雰囲気である。

それよりもAmazonのKindle Unlimitedのサービスでアウトドア雑誌が充実していて、「PEAKS(ピークス)」「ワンダーフォーゲル」「ランドネ」などといったわりと取っつきやすいものがラインナップされている。

「ランドネ」は女の子向けだが、「ヤマノススメ」を楽しんで見られたビギナーは何となく眺めて見るだけでも楽しめるだろう。

「ワンダーフォーゲル」も登山ビギナー向けの特集をやっていることもあるので非常に取っつきやすい。

 

 

ワンダーフォーゲル 2018年 2月号 [雑誌]

ワンダーフォーゲル 2018年 2月号 [雑誌]

 

 

 

こうしていろいろ調べていくと、山の上で料理をするのも楽しそうである。

 

女の子にもモテるのではなかろうか。

あんまり山オタクになっては引かれるだろうが、ここ近年では「山ガール」「森ガール」というファッションやライフスタイルも脚光を浴びてきている。

ノースフェイスのリュックを背負っている子や、パタゴニアのフリースを着ている女の子も多い気がする。

 

そんな感じで女の子も山やアウトドアに興味があるのだ(きっと)。

そうして誘って、山道でリードしてあげたり、こなれた様子で料理なんかを振舞ってしまったら、女の子もキュン死するだろう(という妄想)。

カップルになればテントを用意して、二人でミニキャンプしても楽しそうである。

 

そんなイマジネーションを膨らませながら、アウトドアショップに出向いた。

数々の雑誌を読んだ僕は最低限のモノを用意しようと意気込んでいた。

 

買ったもの。

 

トレッキングシューズ

 

f:id:kotaronobuta:20180412132244j:image

[アディダス] トレッキングシューズ TERREX AX2R MID GTX コアブラック/コアブラック/ビスタグレー S15 28.0

 

ごめん、これはAmazonで買った。

アディダスだ。

店に行ってもあんまりピンとくるのがなくて、Amazonでポチッてしまった。

ゴアテックス素材というのが頼もしい。

雨も泥も弾いてくれると期待している。

 

なお普段コンバースオールスターを29cmで履いているが、これも29cmで買った。

試しばきした限りでは良い感じだ。

 

レインウェア

 

f:id:kotaronobuta:20180413122246j:image

モンベル mont-bell レイントレッカージャケット メンズ レインウェアージャケット(男性用登山用雨具 雨カッパ)1128596_S_マスタード(MST)

 

モンベルで買った。

ゴアテックス素材のと迷ったけど、このマスタードイエローの色合いが気に入った。

ちなみにシューズとレインスーツとバックパックは登山の三種の神器とのことだ。

昔、富士登山してきた同級生の男も「山用のブーツは必要だ。装備はしっかりしないと無理」と話していた。

 

ゴアテックスの帽子

 

f:id:kotaronobuta:20180413122257j:image

(ザ・ノース・フェイス)THE NORTH FACE ゴアテックスワークキャップ NN01607 K ブラック L 

 

痛恨のミスをした。

先にモンベルでハットを買ったのだが、池袋の別の店でノースフェイスのワークキャップを見つけて一目惚れしてしまった。

どうしても気に入ってしまったのだ。

出費が…。

 

僕は頭周りが大きくて(62cmくらい)かぶれるのが少ないのが悩みだ。

ノースフェイスのキャップはLサイズが最大だが、まあギリギリかぶれるくらい。

モンベルのハットの方が余裕を持ってかぶれる。

 

ヘッドライト・膝のサポーター

 

f:id:kotaronobuta:20180413122310j:image

 

モンベルで購入。

「ヤマノススメ」であおいちゃんが「安いのでいいからサポーターしておくと楽になるよ」みたいなことを言っていたので。

齢も33である。

ヘッドライトは絶対に必要とのことだ。

迷って遭難して夜になって…というときに動けなくなってしまうからだろう。

富士山に御来光を見に行くのもやってみたいので、そういうシチュエーションでも必須となる。

 

 

三種の神器の一つであるバックパックは、とりあえず持っているグレゴリーので頑張ってみようと思う。

 

f:id:kotaronobuta:20180413122325j:image

 

 

 

山では綿の洋服って適さないらしい。

汗を吸うが乾きが遅いので、身体を冷やしてしまうのだと。

山では身体を冷やすのは御法度。

…とのことだが、とりあえずヒートテックとか着ていくかぁ、と考えている。

 

夏の日帰り低山ハイクならスポーツ用Tシャツとかエアリズムなんかでも大丈夫かな?

 

ちなみにレインウェアとしてはノースフェイスのジャケットを既に持っている。

 

f:id:kotaronobuta:20171021225226j:plain

 

 

だが若干小さい。

ゴアテックス素材というのは素晴らしいが、山で着るには大丈夫かなぁとやや不安を残す。

タイトなシルエットということもあり、基本的には街着として使うかなぁ今後も。

かっこいいんだけどね。

 

関連記事

www.kota-tsushin.com

 

しかし、登山のウェアというのは派手色のほうが良いのだろうか?

遭難して救助待ちのときには派手色のほうが見つけやすいのだろうけど、普段使いも考えたら暗めの色合いのほうがいいんだよなぁ。

 

あ、あと防寒用に中に着込んだりするのも必要ということだが、これも既に所持しているモンベルのインナーダウンを使おう。

 

f:id:kotaronobuta:20180413122350j:image

 

普段からめちゃくちゃ使っている。

家の外ではインナーに、家の中ではカーディガン代わりにと、冬の間は毎日登板である。

あと1〜2年使ったら新調してやりたいが、きっとリピートする。

 

天覧山は登ったので、次は高尾山かそれとも。

 

山の楽しみ方はこれから発見していきたい。

いつか絶景に心を奪われるか、写真に夢中になるか、料理に手を出すか。

下山後の温泉もまた至福となりそうだ。

 

なお、形から入りたいタイプなのでいろいろ買ってしまったが、別にこんなに買わなくても登山は始められる。