こた通信!

こた通信!

安閑とした日々がご希望ですか

2017年上半期に読んだ本30冊を振り返る【小説・ビジネス書・マンガetc】

 

どうも、こうたろーでし。

2017年も半分を超えましたね。

この辺でちょっと、読んだ本を振り返ってみたいと思います。

 

2017年下半期はもっと読みたいですね、特に小説。

 

思い出しながらなので記憶があやふやなとこもありますが、そこはご愛嬌。

記事にしたものもあれば記事にしていないものもありますが、そこもご愛嬌。

 

 

 

『 いまさら翼といわれても』

 

www.kota-tsushin.com

 

「氷菓」の実写映画化がほのかに話題ですが、その古典部シリーズの最新作。

1月3日に記事にしているけど、主に12月に読んだのでしょう!

 

ハードカバーなので文庫本になるのを待つ手もあるけど、面白いので古典部シリーズファンはぜひ読んでみて。

やっぱり記憶に残っているのは奉太郎の書いた「走れメロス」の読書感想文。

省エネをモットーに「短いから」という理由で選んだ作品ですが、作品への切り口がすばらしい。

誰もが知っているその作品に対して、そんな視点・解釈をよく持てるなと感心します。(米澤穂信氏がすごい)

 

実写映画

www.cinematoday.jp

 

山崎賢人くんの雰囲気は良いキャスティングなのだが、奉太郎はこんな座り方しないのではないかと・・・(´;ω;`)

 

 

『壇蜜日記』

 

www.kota-tsushin.com

 

表現や言葉の使い方が上手です。

壇蜜さんって読書も結構好きみたいなんですよね(何かで読んだ)。

日々の日記で、壇蜜さんが感じたことなんかを踏まえながら書かれています。

淡々としていて、起伏があったりするわけではないので、途中からちょっと読み疲れてきますが、

でも「何にもすることないやー」って(電車の中でよく思う)ときにはKindleで何ページか読んでいます。

 

こういう知性が滲み出るような人間になりたいです。

ひけらかすのではなく、ね。

 

 

『火花』

 

火花 (文春文庫)

火花 (文春文庫)

 

 

もうわんわん泣きながら読みました。

芥川賞受賞作品。

読み始めたときは、文体的にもなんとなく「読みにくいかな?」 なんて思いましたが、ページが進んでいくとそんなこともありませんでした。

最近は中国でも人気のようです。

 

特に夢を追ってがんばってきた人にはグサグサ刺さってくる作品だと思います。

めちゃめちゃ泣きます。

ドラマにもなっていますが、機会があったら見てみたい。

映画化もあるそうなのでそちらも。

 

hibana-movie.com

 

 

『天使は奇跡を希う』

 

天使は奇跡を希う (文春文庫)

天使は奇跡を希う (文春文庫)

 

 

ジャケ買いです。

表紙を描いている田中将賀さんって「あの花」とか「ここさけ」とかのキャラクターを描いた方なんですよね。

で物語は『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文さん。

 

内容としては「まあまあ」でしたかね(ごめんなさい)。

終盤にさしかかってくるとどんでん返しというか、「あーそういうことね!」って驚かされますが。

うん、思い出すと恋したくなるかな。

 

  

『コンビニ人間』

 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 

こちらも芥川賞。

コンビニの日常の描写も細かくてリアルです(っていうようなことを帯で又吉さんも言ってた気がする)。

主人公の恵子は35歳でアルバイトのコンビニ店員なんですよね。

そこに対する周囲の目や、後から出てくるクズ男・白羽の生き様がね、読んでて「あーオレもちゃんとしなきゃな」って思わされました。

 

自分の理念を持って、それを貫く恵子もかっこいいと思いますが。

そこに対して皮肉も込められていそうで、読後感はちょっと異様な感じでした。

 

 

『君の膵臓をたべたい』

 

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

 

 

よかったです。

おぎやはぎの矢作さんも絶賛した動画がありましたが、ほんとに良かったです。

恋愛関係じゃないんだけど、高校生男女のお話。

女の子のほうは病気でもうすぐ死んじゃうってやつなんだよね。

男の子のほうはコミュ障・・・みたいな割とよくある系の設定。

けど、上手いです、物語が。

最後の衝撃の展開。

まっっっっったく予想外でした。

泣きそうでしたがギリギリ泣きませんでした(笑) 

切ないんですけどね、読後感は希望が感じられて非常に良いです。

こういう、人生がプラスの方向に向いていくような出会いをしたいものです。 

 

映画も期待しています。

 


「君の膵臓をたべたい」予告

 

 

『君に恋をするなんてありえないはずだった』

 

君に恋をするなんて、ありえないはずだった (宝島社文庫)

君に恋をするなんて、ありえないはずだった (宝島社文庫)

 

 

おもしろかったです。

これも本屋で見かけてジャケ買いwww

表紙の女の子が可愛かったんだもん!!

クラスの人気者の恵麻ちゃんと地味で冴えない靖貴くんのすれ違いラブストーリー。

恋するときの「どう接したらいいのか戸惑うわー!」感が読んでいて楽しいです。

広義的にはラノベ(中高生向け)なんだろうけど、ぼくは全然楽しめました。

ちなみにこれ、終わり方が「え?」って感じで。

今月に続巻が発売されるのでそれを楽しみにしています。

 ↓

君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業 (宝島社文庫)

君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業 (宝島社文庫)

 

 

 

 

『クローズド・ノート』

 

クローズド・ノート (角川文庫)

クローズド・ノート (角川文庫)

 

 

沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子で映画になった作品です。

個人的にはめっっっっっちゃ良かったです。

本で「教員を目指す人におすすめ」って紹介されてて読んだらやっぱり学校の先生になりたくなりましたね。

恋愛小説なのですが、その部分よりも生徒(児童)たちと先生との関係性が気持ちに残りましたね。

 

最後の展開も切なくさせます。

伊吹先生の・・・いや、ネタバレするんでやめておきましょう(笑)

映画も見てみたいです。

 

 

『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』

  

学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで

学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで

 

 

超絶良かったです。

「あの花」「ここさけ」がまったく分からないと「???」ってなるかもしれませんが、脚本を書いた岡田さんの半生がひしひし伝わります。

さすがシナリオライター、読みやすいし引き込まれます。

 

学生時代に引きこもってしまったことがメイン題材で、お母さんとの関係性のことなんかも書かれています。

教員って立場を目指す身として、登校拒否の子の心情を勉強しようと思って読んだんですけどね。

もちろん一例でしかないけど、自分がそういうことを考えるきっかけにはなりました。

 

「シナリオライターになりたい」となったときに、もう仕事を選ばずにがむしゃらに書いていたのは西原さんに通じるものがありました。

岡田さんはVシネのシナリオもこなし、西原さんはエロ本の挿絵をこなしてた。

 

「生きるのがつらいなー」って思う人はこの岡田さんの本、共感するところ多いんじゃないでしょうか。

なお、こんな文面もありました。

 

谷崎の『痴人の愛』を読み「ナオミみてぇな女になりてぇなあ」ともそもそ考える女子中学生は、傍から見ればとんだバケモノだろう。

 

僕も谷崎潤一郎を読んでみようと思います

 

 

『今年の春は、とびきり素敵な春にするってさっき決めた』

 

今年の春は、とびきり素敵な春にするってさっき決めた

今年の春は、とびきり素敵な春にするってさっき決めた

 

 

さえりさんの妄想ツイートが本になったものです。

こういうやつね。

 ↓

 

た ま ら ん

ほんとは女の子をドキドキさせる本なんだろうけど、ぼくも全然悶えながら読みました。

無事死亡。

ていうかさえりさんがまず可愛いんだよ。

 

これは小説とかじゃないんだけどね。

パラパラと気軽に読めます。

ラブリーなうるおいが欲しいときに読んでください(笑)

 

 

『行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術』

  

www.kota-tsushin.com

 

ここからビジネス書とか自己啓発本の類になります。

 

4月から新人の研修担当だったので参考に読んだ本。

「何がわかっていればいいのか(知識)、何ができればいいのか(技術)」を明確にリストアップすることが大事だと書いてありましたが、非常に参考になりました。 

良い本だったと思います。

 

 

『フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術』

 

www.kota-tsushin.com

 

研修するにあたってこちらも読みました。

ちょっと堅い感じだったかな。

関係性がある程度構築されるまでは、フィードバックって難しいですよね。

部下の成長支援のために、がんばっていきましょう。

 

 

『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?』

 

www.kota-tsushin.com

 

堀江貴文さんの本。

いろいろウジャウジャ悩んでたときに読みました。

結果、答えは出なかったんですけどね。

自己啓発系ということでお金とか人生とかに対して「なるほど」とはなるんですけどね。

「好きなこと・やりたいことやったらいいんですよ」って感じですかね。

ほーい。

 

 

『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術 三田流マンガ論 ─三田紀房流マンガ論─ 』

 

www.kota-tsushin.com

 

やってみよう!って感じです。

ていうか自己啓発本ってだいたいそんな感じですもんね。

真理っちゃー真理なんでしょうね。

 

やってみよう!って感じでブログもやってみてます。

今の仕事も消防団の活動もやってみてます。

自分のポリシーなんかブレッブレですけどね(笑)

まぁ、ええじゃないですか。

 

 

『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』

 

www.kota-tsushin.com

 

やるべきことを最小限にしてシンプルにしよう!って感じです。

これ、マンガ版も出ていてそっちもおすすめ。

 

マンガでよくわかる エッセンシャル思考

マンガでよくわかる エッセンシャル思考

  • 作者: グレッグ・マキューン,星井博文,サノマリナ
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2017/03/21
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

マンガ版だと学校の先生が主人公なんですよね。

大量のタスクに追われてつぶれないように、やるべきことを絞っていこう!って感じ。 

 

 

『筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法』 

『人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる!』 

『スーツに効く筋トレ』

『筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術』

 

www.kota-tsushin.com

 

  

筋トレにハマっていました。

いや、今でも継続してるんですけどね。

でも春先の情熱は落ち着いてきたかな。

情熱が途絶えたとしても続けていきたいところです。

 

やっぱ筋トレすると肉体がかっこよくなってくるし、健康的だし、アドレナリンも出て気持ちも強気になっていきますしね。

うおおおおおおお!って感じ。

強くなりたいです。

 

 

『未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる』

 

www.kota-tsushin.com

 

これは再読なんですけどね。

自己啓発ってことで「心からやりたいと思えることをやろう!」って感じです。

(まとめ方が適当すぎてごめんなさい^^;)

 

「仕事やめたい・・・( ;  ; )」って毎朝のように考えていますけどね。

でも何かやりたいことが明確にあるわけではないんでね。

毎日ごろごろして本を読んで、アニメを見て、筋トレをして、ブログを書く。

あ、そうそう。

最近はなかなかブログを書けていなくて不満です。

土日はずっとブログを書いていたいんですけどね。(親戚づきあいとかいろいろね)

 

 

『モテるメール術』

 

モテるメール術

モテるメール術

 

 

こんなん読んでいましたwww

いや、実行したらちゃんと効果あると思いますが・・・。

 

最初にグイグイ行き過ぎると、「怖い、面倒な相手だ」と認識され、4のブロックグループに転落しかねません。やりとりをしていて、まずいなと思ったら、「焦り過ぎた、ごめんね」とすぐにフォローを入れましょう。

 

この春、グイグイいきすぎて失敗した人が僕です。ちーん

 

 

『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』

 

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

 

いろんなところで話題になっていた本です。

ぼくも26歳ごろにうつの経験はありますが、

「突然リターン」は未だにあります。

マンガになっているので読みやすいです。

うつを患っている人が周囲にいるって人にも、その人を理解してあげるのに参考になると思います。

 

 

『マンガでわかる! 心理学超入門』

 

マンガでわかる!  心理学超入門

マンガでわかる! 心理学超入門

 

 

ゆうきゆう先生の本です。

仕事の上で使える心理の話や恋愛で活用できるテクニックまで。

 

 

『マンガで読む人生がときめく片づけの魔法』

 

マンガで読む人生がときめく片づけの魔法

マンガで読む人生がときめく片づけの魔法

 

 

絵が可愛いですw

マンガを読むだけで部屋がきれいに片付けばいいのに、そうはいかず自分で動かないといけないのが辛いところ(笑)

でもマンガのストーリーもほほえましいですし、片づけのポイントも学べるのでおすすめです^^

 

 

『僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意』

 

 

池上彰さんと佐藤優さんが情報をどうインプットしているのかって話。

これは良書。

ビジネスマン(社会人)はみんな読んでみていいんじゃないでしょうか。

Kindleで読みましたが、紙の本で置いておくのも検討しています。

それくらい良かったです。

 

 

『大学受験らくらくブック 源氏でわかる古典常識 新マンガゼミナール』

 

源氏でわかる古典常識 パワーアップ版(別冊つき) (新マンガゼミナール)

源氏でわかる古典常識 パワーアップ版(別冊つき) (新マンガゼミナール)

 

 

大学受験用の、マンガで学べる古典常識ですが。

源氏物語の内容もつかめるし、絵も上手だし、素晴らしい参考書だと思います。

社会人でも源氏物語をわかっていない人には、基礎的な教養のためにも読んでみていいのではないでしょうか。

「この人誰だっけ」ってなるので、相関図を確認しながら読むといいです。(Kindleより紙の本のほうがその点はやりやすいです)

 

 

『君は淫らな僕の女王』

 

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

マンガも紹介。

 

『クズの本懐』の横槍メンゴさんの本。

えっちぃですが面白かったですw

絵も可愛いですよねw

 

 

『部活、好きじゃなきゃダメですか?』

 

部活、好きじゃなきゃダメですか? (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

部活、好きじゃなきゃダメですか? (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

 

 

全二巻。

くっっっそ面白かったです。ギャグマンガ!!www

『今日から俺は!!』みたいなノリですwww

もう本当にバカ(部活をナメている)男子らなのですが、2巻のラストではなんちゅうか友達想いな一面も見せてくれたり。

けど基本バカですwww

顧問のこともナメていますwww

 

 

『きっと可愛い女の子だから』

 

きっと可愛い女の子だから (アクションコミックス)

きっと可愛い女の子だから (アクションコミックス)

 

 

短編集ラブコメマンガ。

女の子たちが可愛いですw

見た目的な可愛さじゃなくて、行動とか仕草とか、そういうのが可愛い。

恋愛に悩んで葛藤している感じとかね、いいよね。

 

 

『まもって守護月天! 解封の章 (1)』

 

www.kota-tsushin.com

 

最高です。

中学生のときの冴えない青春を癒してくれたマンガの続編が描かれていたなんて。

絵の可愛さが神なんですよ。

ほんわかしたテンポで進んでいくのも僕好み。

今後も楽しみです。

 

 

おまけ

 

初めて読んだ長期連載マンガも。

 

『黒子のバスケ』

 

www.kota-tsushin.com

 

同僚の子に勧められて読みました。

りこちゃん、可愛いですw

映画にもなっていましたね、この春。

 

結構みんな特殊能力的なもんを持っていますが、基本的に現実にある能力(というか状態というか)ですからね。

あ、でも黄瀬くんのコピー能力はさすがにファンタジーですかねw

かっこいいんですけどね。

 

 

 『HUNTER×HUNTER』

 

www.kota-tsushin.com

 

連載再開され新巻も発売になりましたね。

幽遊白書でもそうでしたが説明的セリフが多いんですよね。

物語は面白いと思うんですが、長ゼリフを飛ばして読む癖があるのでね(^^;;

ビスケとかシズクとか好きです(可愛い)

 

 

 

ってことで

f:id:kotaronobuta:20170701203327j:plain

 

 

これで全部じゃないけど、主にこんな感じですかね! 

小説は8冊しか読めていないのがちょっと残念です。 

下半期は小説12冊くらい読んで年間20冊を達成したいなー。

 

時間があれば読んだ本をちゃんと感想記事にしていきたいんですけどね。

小説もビジネス書も。

 

たくさん読みたいは読みたいけど、僕ってそんなにスピードないし、疲れたらすぐ読むのやめちゃうんでねw

ノルマを課すのも自分の場合は良くないと思うので、マイペースにまた読んでいこうと思います。

いっしょうけんめいのんびりしよう。