こた通信!

こた通信!

気張らずに書いていきたいです。

子どもの貧困と教育の役割と

 

2017年6月4日放送の「NHKスペシャル」を観ました。

テーマが子どもの貧困

 

www.nhk.or.jp

 

 

  • 子ども6人に1人が貧困
  • 社会保障費的に子どもより高齢者に対した予算のほうが手厚い(高齢者の貧困率は下がってきている)
  • 対策をしないと貧困の連鎖が止まらない
  • 日本社会全体の損失にも繋がっていく(税金を納められない→生活保護の受給者も増えちゃう)

 

ってな感じでした。

満足に部活動もできなかったりするんですよね。

大学進学希望の子がいても「家の経済状況が無理だったらあきらめる」って言ってたり。

切ない。

 

 

 

  ↑

これはわかるなー。

もちろんひとり親でも家族は家族なので大切なことには変わりないんだけどさ。

教材がお父さんお母さんが両方いるのを前提になってたりすると…ね。

 

 

弊社の話

 

弊社では派遣社員の方もたくさん働いています。

ご結婚されている方(男性)もいますし、お子さんがいらっしゃる方もいます。

でも年収にしたらたぶん250万円そこそこなんじゃないかと。

子育ても考えていったら相当にしんどいんじゃないかと思うんですね。

 

「そんなん派遣に甘んじているほうが悪いんじゃないか」って思うかもしれないですが、働くのって簡単じゃなくてですね。

前職でストレスに押しつぶされて仕方なく退職したのちに今の派遣に就いた、責任の重い仕事は厳しい……なんて人も結構いるんじゃないでしょうか。

 

ぼくの同僚くん(未婚男性・28歳)は「やりたいことがない」とも言っています。

ただなんとなしに転職活動をしてみてもブラックな職場だったり、続けていくのが難しい内容だったりすると結局離職に繋がってしまうわけです。

まあそれは本人の問題なのでちょっと論点が逸れてますが、でも収入が低いままだとやはり結婚や子作りは難しくなってしまうし、仮に子どもができたとしても貧困環境の中で育てていかないといけなくなってしまいます。

 

 

「教育」の役割は

 

学歴至上主義…というのも絶対的なものではなくなってきた感じはするが、それでもやはり中卒や高卒よりは大学卒のほうが職に就いていくのに有利だし選択の幅も広くなるのでしょう。

 

 

f:id:kotaronobuta:20170605212341p:plain

学歴別の年収・収入格差データ|年収ガイド

 

貧困→進学できない→子どもが大人になっても貧困。

こういう構図というか、負のスパイラルというか。

所得の面も大事だけど、子どもがやりたいこと(学びたいこと)をやらせてあげられない状況になってしまうのはかわいそうだなと思います。

それが連鎖してしまうのも…。

将来に希望が持てなくなってしまう気持ちも、そりゃそうですよね。

 

f:id:kotaronobuta:20170605212846p:plain

【NHKスペシャル】 私たちのこれから Our Future|NHK

 

番組では「就学前教育を充実させると効果的」といった話をしていました。

やる気や協調性や忍耐力を備えていこうとするのに。

 

 

一応ぼくは中学校や高校の教員免許所持者なので中高で考えてみます。

 

たしかにやる気や協調性や忍耐力があれば学歴が低くても起業して成功して一発逆転とか、結果至上主義の会社で下克上的に昇格していって幹部に就くとかできるかもしれません。

中学校や高校でもやる気・協調性・忍耐力を育んでいく機関だと思います。

部活動も含めて、そういう役割があるでしょう。

 

ただやはり公立の中学・高校が日々の学習活動の中で進学に向けての支援を充実させてやることも大事なんじゃないでしょうか。

学習塾や予備校や私立学校は個人でお金がかかります。

そうじゃなくて普段の学校の中で教育を充実させていこうということです。

 

それには教員のレベルアップも必要でしょう。

研修も多くしていかなくてはならないかもしれません。

教員の過酷な労働状況も問題になっています。

教員人数も多くしていく必要があるかもしれませんね。

部活動も教員の負担増になっています。

外部の専門家やコーチと連携を図っていくというのももっとリアルに考えていかなくてはいけないかもしれません。

 

 

 

結局予算が必要なんですね。

 

f:id:kotaronobuta:20170605215314p:plain

【NHKスペシャル】 私たちのこれから Our Future|NHK

 

高齢者への支援費を削って子どもへの支援をもっと充実させろ、とまでは言いませんが。

 

教員を目指していこうとする僕が出来ることは何かってことを考えると、

子どもの進学率向上の一助になれるように自分自身の知識や教養を高めていく

ってことなのかなと思います。

 

もちろん勉強を教えるだけが仕事じゃないですけどね。

ええ。

 

 

ってことで

 

めずらしくオピニオン的な記事でした。

就学前教育も充実させていけるといいと思いますので、幼稚園や保育園のそれもしっかり予算を組んでいけると良いですね。

政治家さんらはくだらないことに経費を遣ってないで、ほんと頑張ってくださいね。

 

「学びたいのに学べない」

「普通に部活やりたいのにそれもできない」

 

経済的理由で将来をあきらめてしまう子が一人でも減っていけばいいなと思います。

 

 

おわり。