こた通信!

こた通信!

安閑とした日々がご希望ですか

『ひとりビジネスの教科書 自宅起業のススメ(佐藤伝)』自分のミッションがわからない人におすすめの1冊!

 

どうも、こうたろーです。

ブログを始める1ヶ月前にこちらの本(Kindle版)を読みました。

 

 

 

んでゆるりゆるりとブログを運営してきて1年。

月間PVは20000程度となり、月々の収益も樋口一葉さんくらいになってきたところです。

 

 

 ↑

旧アイコン・・・w

 

まだまだ弱小ブログでありますが、改めて読み返してみたいと思います。

気づきも多かった!

 

 

「ひとりビジネス」は最高のビジネスモデル!

リスクなし、貯金なしで、

誰でも始められる自宅起業です。

 

 

もくじ

 

 

雇われて働く時代は、もう終わった!

 

f:id:kotaronobuta:20170319175941j:plain

 

僕は絶賛今でも毎日会社に通勤している派遣社員くんですが(^◇^;)

でも本書では「大企業に勤めていれば安定・安心の時代ではありません」と書いています。

まぁ、それはそうなんでしょう。

 

2014年にアメリカで行われた調査によるとフリーランスの人口が5400万人となったそうです。

全米の労働人口の34%ということなので、3人に1人が「ひとりビジネス」をしているわけだと。

 

そして会社にしがみつかないためにキャッシュポイント(収入源の数)を増やそうと書かれています。

本書では「8つのキャッシュポイント」を持とうと書かれていますが、僕は…2つですかね。

投資活動(資産運用)もやっていこうかなと考えていますが。

 

www.kota-tsushin.com

 

『ひとりビジネスの教科書』ではこんなことも書かれています。

 

組織にとらわれず、好きなときに、好きな場所で、好きな人とゆるやかにつながって、あなた自身を活かしながら社会に貢献していく。

自分の興味、経験、強みを生かして、自由に自分のメッセージを発信しながら、お客さんが「ありがとう!」と感謝し、お金を払ってくれる。

「ひとりビジネス」は最高にハッピーなノンストレスビジネスモデルなのです。 

 

これはわかりますね。

僕もとにかく好きなときに好きな場所でブログを書いています。

気分が乗らないときには一切書かないし、書きたくなったら書くし。

自分ちで書くときもあれば、最近は持ち運び用のPC(Chromebook)も買ったので、外でカフェとか図書館とかで書くこともあります。

 

これは本当に素晴らしい。

んで、好きなことを書いているだけなのでストレスはまっったくないですし。

こんな感じでキャッシュポイントも増やしていきたいものです。

 

 

会社を辞めずに、ひとりビジネスをやれ

 

著者は何も会社をやめればいいということは主張していないですね。

 

「ひとりビジネス」を始めて、すぐに売り上げが立つ保証はない

→会社を辞めてから「ひとりビジネス」を始めていまくいった人を見たことがない

→準備不足のまま辞職しても、時間を持て余して、本を読み漁ったり、いろんなセミナーで勉強したりでインプットのみになる

→アウトプットしないから結果も出ない

→急に収入がゼロになると余裕がなくなり、いい発想も湧いてこない

 

f:id:kotaronobuta:20170319170511j:image

 

ってことで、いきなり辞めるのはリスクしかないぜという話です。

始めてからすぐに結果が出るわけではないので、楽しみながらマイペースにやるくらいでちょうどよいそうです。

 

 

貯金がない人のほうが、ひとりビジネスはうまくいきやすい

 

貯金がない人はお金をかけられないので、どうしても頭を使わなければいけません。

 

仮に100万円を初期投資(ホームページ制作依頼等)してビジネスを始めると「投資した100万円をどうにか回収しなきゃ!」と強引に商売をしてしまいがちだと。

焦ってしまうと。

ちょっとした心の余裕が、成否を分けるのだと主張しています。

 

ぼくもあんまり投資してないというか、はてなブログPro代(1000円/月)と独自ドメイン代が年間700円程度と、アイコン作成だけはたっつんさんにお願いしましたね!

 

www.kota-tsushin.com

 

ほんとこれくらいです。

赤字にはならないですからねー。気楽なもんです。

(あんまり頭は使っていませんが^^;)

 

 

最初は「他人の商品」を売ってもOK! 

 

f:id:kotaronobuta:20170319173059j:plain

 

自分の商品が「ひとりビジネス」の基本らしいのですが。

小物を作ったり、洋服を作ったり、もしくは経験や知識をまとめたものを作成したり。

なるほど、有料メルマガを発刊したり、「note」を始めたりするのなんかもその類でしょうかね。(情報商材ってやつ)

 

note ――つくる、つながる、とどける。

 

ただ、自分で商品を作ることができなければ、他人の商品を売ってもいいのですということです。

そういうことです。

僕なんか他人の商品しか売っていませんから!www

 

簡単に言えばアフィリエイトしていくってことです。

自分が買って使ってみて良かったものを紹介していくって感じです。

僕は読んだ本とか、ファッションアイテムとかが多いですかね。

ブロガーさんはPC周辺機器に詳しい人がいたり、漫画に詳しい人がいたりいろいろですが、それぞれが得意の分野でアフィリエイトを組んでいたりしてますよね。

 

オリジナル商品であるかどうかよりも、「みなさんのお役に立てる商品かどうか」のほうがよっぽど重要なのです。 

 

ってことです。

 

 

モノを売るのかサービスを売るのか、ネットで売るのかリアルで売るのかってのもありますが。

「はなうた横丁」のしみ君は整体師さんってことで、リアルとの融合も上手いですね!

 

blog.hanauta18.com

 

『ひとりビジネスの教科書』では

「商品は1つに頼らず、複数の商品を持つ」

「ネットとリアルのダブルで売る」

ってことを推奨しています。

 

 

「アフィリエイト」で、三方よし!

 

「ひとりビジネス」で積極的に活用したいのが、「アフィリエイト」です。

ご存知の方も多いと思いますが、アフィリエイトとは、ウェブ上の成果報酬広告のこと。ある企業や個人の商品を販売したとしたら、その企業や個人から、販売した人に報酬が支払われる仕組みです。

 

ということで、やはりアフィリエイトです。

提供する商品が良ければ、自分も相手も、商品を取り扱う企業や個人もみんながwin-win-winです。

 

本書で紹介されているアフィリエイトに

 

Amazonアソシエイト

楽天アフィリエイト

グーグルアドセンス

エーハチネット

バリューコマース

アフィリエイトB

インフォトップ

nend

Smart-C(スマートシー)

 

といったものがありますが、僕が主に利用しているのはAmazonアソシエイトグーグルアドセンスくらいなものです。

というかこの2つが圧倒的に使いやすいので(^◇^;)

 

なお、エーハチネットも(日本最大級らしい)利用している人が多いです。

 

 

マダマダ人間になるな!

 

たとえ未完成でもいいから、まずは自分から発信してみる。

 

これは真理だと思います。

100%完璧を求めてたらいつまでたってもコンテンツ(商品)は作れないし、販売も紹介もできないでしょう。

ブログの記事を書くのだってそうで、とにかく書いて公開してみるのが大事です。

てか、そうでもしないと全然記事も書けないわけで(^◇^;)

 

まぁ、いいんですよ、ブログなんて好きに書いておけば。

多少は読む人のことも意識しますけど、結局は自分が楽しくやってりゃそれでいいんだから(笑)

 

特に、デジタル・コンテンツの世界では、「ベータ版」と言って、未完成の状態でもリリースすることが広く知られています。そして、お客さんからの意見をフィードバックしながら、よりよいモノに仕上げていく。

 

僕もよく読者さんに「ここ違うよ」って指摘されて修正したり加筆したりしますもん。

ありがたいことです!

直せば良いんです、直せば!

 

 

「ブログ」は必須アイテム

 

f:id:kotaronobuta:20170319173316j:plain

 

というか、僕の場合はブログがベースキャンプであり、ここしか(今のところ)手がけてないですからね(^◇^;)!

 

本書では「ホームページがベースキャンプ」「ブログはアメブロがおすすめ」としています。

 

「アメブロみたいな無料のブログじゃなくて、ワードプレスを使って、自前で立派なホームページやブログを作ったのに、ぜんぜん人が来ない」

と嘆く人がいますが、私はこれを「離島のラーメン屋」と呼んでいます。

 

ってことで、離島に来てもらうためには橋を架ける必要があって、その橋の役を担うのが、アクティブユーザーが多くて拡散されやすいアメブロって話です。

 

本書にも書いてありますが、アメブロって商用利用ができないんですよね。

なのでアフィリエイトリンクを貼るのもかなり制限されてしまいます。

その辺を踏まえると、はてなブログが使いやすく感じてしまうんですよねぇ。

 

なお、(本書ではアメブロで)目標読者は1000人と書かれています。

「まずは100人突破から、コツコツ増やしましょう」ということです。

 

この記事を書いている時点で当ブログの読者数は222人!

……まぁゆるゆるがんばっていきますw

 

はてなブログでもうすぐ3000人の読者数を獲得しようとしているヒトデくんのブログは笑えて楽しく読めて面白いですよー!

 

このへんとか(ネタ)

www.hitode-festival.com

 

 

あえて「ターゲット」を絞る

 

不思議なことに、老若男女、誰でもいいから多くの人に売り込もうとすると、あまりパッとしないのです。それどころか、ターゲットを絞れば絞るほど、売れるのです。

 

ってことで、僕も課題ではあるのですがターゲッティングをしたほうが良いとのことです。

現在は基本的にアラサーの非正規雇用男子向けに記事を書くことが多いですかね。

何となくね。ええ。

 

 

「日記」の習慣

 

「ひとりビジネス」には、上司もいないけれど、部下もいません。これはいい点でもあるのですが、デメリットもあるのです。何時に起きてもいい。仕事をサボっても、誰からも怒られない。誰も何も言ってくれないのですから、自分と対峙する時間を持たないと、どこまでも、とことんだらしなくなっていきがちです。

 

ってことで、自己管理し、思考を深めていくのに「日記」が役に立つそうです。

 

2017年度は日記を始めていこうかなーとちょうど思ってまして。

あんまりビジネスビジネスさせる日記ではないのですが、ほぼ日手帳を活用してゆるやかに( ̄▽ ̄)笑

 

 

「ビビサク」習慣

 

f:id:kotaronobuta:20170319173512j:plain

 

本書では「ビビサク」習慣を推奨しています!

これは面白い!

 

「ビビサク」とは、「ビビッと感じたら、サクッと行動する」という行動習慣を表した言葉です。

 

要は素直に直感に従って、行動に移してみようってことです。

うまくいくときはなんにも迷いがないものなんだということです。

 

逆に「絶対儲かるらしいから、お金を貸してみようかなあ」「う〜む、なんとかやっていけそうだから、結婚してみるか……」と、迷いながらの選択をすると、

「こんなはずじゃなかったのに(涙)」と後悔する末路に。

 

「迷ったらやめる!」というのも大事だそうです。

 

ブログを書くときにも「お!書きたい!」という直感というか、そういうヒラメキやテンションって大事で。

んでそのテンションが高いうちに一気に書いてしまう。

そうしたほうが僕の場合は楽しく書けるんですよね。

 

書き方のスタイルは人それぞれだと思いますが、「書きたい!」っていうビビッときた感じは大事な要素だと思っています。

 

 

「さわズー」習慣

 

「ビビサク」習慣と並んで、「ひとりビジネス」成功への近道となる行動習慣が「さわズー」

「さわズー」とは、「さわやかな、ズーズーしさ」という行動習慣を表した言葉です。

 

 

別名「笑顔でゴリ押し」ということもあるそうですwww

 

「とっても良いから、ぜひ購入してみて!」と自信を持ってハッキリ伝えるのが大事だそうです。

 

そうですねー、

ぼくもリュックで言えばグレゴリーが最高だと思うし、

 

www.kota-tsushin.com

 

インターネットサービスならAmazonプライムが最高だと思うし、

 

www.kota-tsushin.com

 

文章の本で言えば山口さんの本がわかりやすくて良いと思っています。

 

www.kota-tsushin.com

 

 

なので是非記事を読んでみてね!(そして買ってね!)

\(^o^)/

 

 

よし、さわズー出来た!(え)

 

 

いちばん大事なのは「ミッション&ビジョン」

 

ミッション:インポッシブル (字幕版)

 

よく聞く言葉ですが、本書ではこう説明しています。

 

【ミッション】

ミッションとは、「使命」のこと。その漢字が示しているように、使命とは、命の使い方。「残された自分の命のエネルギーを、どこに使っていくのか?」です。

ミッションに気づいたとき、人は生命エネルギーをどんどん活性化させ、しかも循環させることができます。

  

【ビジョン】

ビジョンとは、「志」のこと。志とは、自分と自分以外の命の輝きのためになしとげたい構想。あなたの「理想とする世界」、あなたの「ゴールイメージ」です。

 

 

というなかなか難しい部分です。

こんなの難しくて考えられないよーーーぅ(;_;)

でもこれが定まると軸がぶれなくなり、ひとりビジネスの成長を加速させていくのだそうです。

さらに、

 

ミッション(使命)は気づくもの。

ビジョン(志)は、描くもの。

 

 

だそうです。ミッションは文字化し、言葉にして表現してみることがひとりビジネスの加速に大事だそうです。

一方で、ビジョンはビジュアル化しましょうってことです。図解とか、イラストとか、写真とか。

 

また、「朝イチのメールチェックの前に、ミッション・ステートメントを読み上げるところから1日をスタートしたら、あなたのビジネスはもう大成功間違いなしです!」とのこと。

 

なるほど、これを掲げて2年目のブログ運営に励んでいけばいいのだな!!(素直)

 

 

「ミッション&ビジョン」をクリアにするための質問

 

【ミッションに気づく質問(フランクルの3つの質問)】

①「私は、この人生で、今、何をすることを求められているのか?」

②「わたしのことを本当に必要としている人は誰か? その人は、どこにいるのか?」

③「その誰かや何かのために、私にできることには、何があるのか?」

 

【ビジョンに出会える質問】

①「なんの制約もなければ、どんな風に暮らしたいですか?」

②「なんの制約もなければ、どんなことをしたいですか?」

 

 

こんな感じです!

これについては、また機会を作って考えを深めていきたいと思います!

難しいけど一回見直そう!

 

 

それでもビジネスがうまく進まないなら

 

f:id:kotaronobuta:20170319172909j:plain

 

ミッションとビジョンが自己満足に終わっていて、人を巻き込めていないとよろしくないようです。

人を惹きつけることが求められる!

 

【ミッションとビジョンで、人を巻き込むポイント】

①聞いた人の、記憶に残るか?

②聞いた人が、他人に伝えたくなるか?

 

 

こんな感じでメッセージ性を高めて、共感を得ていきましょうってことです。

 

また、もしも自分のミッション・ステートメントを声に出して読み上げてみたときに、なんだか苦しい感じがする場合は、それは本当のあなたのミッションではありません。

魂が打ち震えるくらい、わけもなく感動してしまう。それに向かって、ワクワク進んでいける気がする。課題や壁はあるかもしれないけど、そんなものをブレイクスルーしていくパワーが体の底から湧いてくるような感覚。

それこそが、まさにミッションです。

(中略)

違和感を覚えるようなときは、自分の言葉で自分らしくミッションを何度もブラッシュアップしてみましょう!

 

 

ということで、こんなものは持ち合わせておりません!(泣)w

これが定まってる人ってどのくらいいるのでしょうか。

いや、ブロガーだけじゃなくて、世の中の皆さんで。

 

これも機会を作って考えを深めていきます!

 

 

「Why(なぜやるのか)」を考える

 

ミッションやビジョンを掲げていても何だかブレる。

ってときには原点に戻ることが大事だと著者は言います。

 

なぜ、自分はこの「ひとりビジネス」をやっているのか?

なぜ、この仕事に意味があるのか?

なぜ、売り上げをアップさせることがいいことなのか?

なぜ? なぜ? なぜ? なんのために? 誰のために?

 

 

この根っこの部分が最重要ということです。

なーるーほーどー。

これ、なかなか良い本だな。(今さら)

こういうのって結局自己啓発の類だけど、やっぱり時々振り返ること、見直していくことは大事だと思うのでね。うん。

 

 

まず、発信しよう

 

f:id:kotaronobuta:20170319172751j:plain

 

そんな感じでミッションやビジョンって大事なのですが、筆者はこう言います。

 

ただし、最初から理想的で完璧な、人を惹きつけるミッションとビジョンを作る必要はありません。最初は、フワッとしていてもいいのです。

 

そこを固めてから「ひとりビジネス」を始めようとかいう勘違いはするなと。

ミッション・ビジョンは憲法や法律なんかじゃないぞ、と。

一度書いたものを、放置しないで見直してブラッシュアップしていきゃいいんだぞ、と。

ふとした気づき・直感・感動をもとにして、修正していけばいいし、むしろそうしたほうが良いんだぞ、と。

魂の成長とともに変化していって当然なのだ、ということです。

とにかく未完成でも良いから発信せよ!!!!と言っています。

 

僕も(ミッション・ビジョンは固まっていませんが)この意見には大いに賛成です。

やってみることで発見することは多いわけです。

 

まぁ最初はとにかく楽しく始められれば良いんじゃないでしょうかね!

 

 

おわりに

 

全部は書ききれませんが、良い本でした。

読めばもっと具体的にいろいろ書いてあります。(集客とかブランディングとか)

ぼくもブログ2年目の 運営に役立てていきたいと思います。

これ、紙の本で買ってもいいんじゃないかと思うくらいの気持ちで読み返して勉強させられました。

勉強してインプットして頭でっかちになっても意味ないですからね。

実践してアウトプットしていくことが大事ですからね。

 

とにかく、発信をし続けていきたいと思います!

 

 

おわり!