こた通信!

こた通信

気張らずに書いていきたいです。

【フランス人は10着しか服を持たない】服を買わない工夫を実践していきたい!

 

引越し準備を進めていますが、まぁ荷物の多いこと。

 

 

 

そうなんですよね。

 

モノを処分して手放していって身軽になった方が何かと便利な気もするんですよね。

 

引越しもそうだし、日々の掃除もそうだし。

 

あと日々のストレスも軽減しそうに思っています。

 

そんなこんなで、ミニマリストへの憧れはあるものの、別にモノを減らさなくても生きていけるし、

 

モノをちょっと減らしてもついつい反動でまた何かを買ってきてしまうんですよね。

 

断捨離あるあるね。

 

 

 

フランス人は10着しか服を持たない

 

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

 

引越し準備中に「必要最低限の洋服にするのってできるのかなー?」って感じで、以前買ったこの本をパラパラめくってみました。

 

春夏で10着、秋冬で10着かー…。

 

189ページに「新しい物好きさんへのアドバイス」って見出しがあって、手が止まりました。

 

引用します。

 

 あなたの肩に乗っているショッピングの悪魔を、そろそろおとなしくさせるべきだろう。どうしても買い物がしたくてたまらなくなってしまったら、本を読んだり、料理をしたり、散歩に行ったりして、気を紛らわせよう。土曜日の午後にはショッピングモールに行く代わりに、美術館に行ってみる。まずは1週間、生活に必要な物以外はいっさい買わないようにしてみよう。

 ショッピングに行く回数を減らすと、買い物欲も減っていく。自由な時間を使ってもっとほかのことをすれば(たとえば、ずっと書こうと思っていた本を書くとか)、ショッピングなんて時間のムダだと思うようになるかもしれない。

 

 

てな感じです!

 

なるほど、気を紛らわせて1週間買い物しない期間を作ってみればいいのか!

 

確かに、買い物欲も減っていきそうだ。

 

しかし、「zozo」や「dマガジン」も見ないようにしないと無理だからなぁ(^_^;)

 

 

本を読むのは良いですね!!

 

筆者のジェニファー・L・スコットさんも古典ミステリーが好きで、キンドルでよく読んでいるんだとか!

 

僕もたくさん読もう!!

 

最近面白かったのはこれだな!!(2016/12/04読み途中)

 

kotaro-nobuta.hatenadiary.jp

 

 

徐々に徐々に

 

少ないものでシンプルに暮らしていくにはまだまだ先は長いですが、徐々に減らしていきたいなと思っております。

 

『フランス人は〜』では10着のワードローブを提唱してたけど、10着はさすがに難しいかなあ〜〜〜??

 

最低限何が必要なのかってことをそのうち考えてみたいと思います!

 

 

おわり!