こた通信!

こた通信!

安閑とした日々がご希望ですか

【日記】派遣で(仮病を理由に)休むとどんだけ損するのか問題

 

f:id:kotaronobuta:20160824124814j:plain

 

きょうは会社休みました。

4月に入社して、初めての当日欠勤です。

さようなら、皆勤賞。

 

今日だけです。明日からはまたちゃんと出社します。

 

なぜ今日は休んでしまったのか。

んー、まあ、いろいろ「疲れた」っていうところですかね。

仕事がキツいわけではないし、ストレスに悩まされてるわけではない。

(収入面でのストレスというか、不安はあるけども)

 

疲れました。

自己管理が甘いっていうだけの話です。

昨日も一昨日も起床時には疲労を感じていて、でも何とか仕事に行きました。

 

今日も疲労を感じて、布団からなかなか出られない状態になってしまったんですね。

布団の中でiPhoneを握りしめ、Safariを開いてググったのは「仕事 休みたい」。

そうすると休む理由とかたくさん出てきます(笑)

 

検索結果のリンクを読んでいくと、やっぱり響くのは「休みたいときは休もう」みたいな文言です。

リフレッシュしたいというか、泥のように休みたいという気持ちでした。

 

 

 

経緯

 

8:10

とりあえず派遣会社に電話。

「体調不良のため休みたいのですが」と伝えると「どうされました?熱とかありますか?」と。

「発熱で38.2°Cあり、腹痛を伴っています(仮病)」と言うと「病院など行かれますか?」と。

僕「はい」

「心配なので、診断が済んだら連絡ください」「派遣先にも休む旨を電話してください」と言われ電話を終える。

 

まじか。めんどくさい。

とはいえ、自業自得。

こんなに「めんどくさいのか」という事が分かったので良しとする。

 

次は派遣先への電話か…。

 

 

 

8:40

派遣先への電話。

 

「どうされました?」

「体調不良のため休みたいのですが。発熱です」

「病院には行かれますか?」

僕「はい」

「病院に行ったらまた電話してください」

僕「かしこまりました。申し訳ございません」

 

…ということで、病院に行くことになりました\(^o^)/

くそー、こんなにめんどいのか!(クズ発言)

 

しかし!

「発熱 仮病 診断」でググったらこんなページが出てきた!!

 

careerpark.jp

 

診断書のもらい方はいたって簡単です。病院やクリニックに行き、普通に受診するだけです。初診であればアンケートみたいなものを書かされますが、

■風邪っぽくて朝熱がでたこと
■市販の解熱剤を使用して今は熱が下がっていること
■会社を休んだので診断書が必要なこと……を記入してください。

その後の診察でも同じことを言えばOKです。医者は診断書に何かもっともらしいことを書くでしょうから、それをそのまま提出すればOKです。ちゃんと熱がでるような病名を記入してくれるので、仮病云々の心配は必要ありません。

 

 

な、なるほど!!

仕方ない、病院に行ってみよう!

 

 

 

悲しくなる

 

病院に行くまでの間、布団で休んでいたら情けなくなってきました。

あー、なんで頑張れないんだろう…みたいな。

自分が情けない。

後輩スタッフに示すことができないじゃないか。

今ごろみんなちゃんと揃って業務(研修)を始めようとしてるんだな。

こうやって休むのが癖にならないかな。

母さんの知らないところで、僕は今日怠けてしまっています…こんな息子ですみません。

 

…みたいなさ。

悲しい気持ちになったさ。

 

また、職場の中で信頼度を落とすことにもなるから良くないね。

とても重要。

 

 

 

9:20 近くの内科医院へ

 

初診ということで、保険証を出して症状を問診票に書く。

「発熱37.9°C、7:30ごろ解熱剤を飲んだ」

(ちなみに解熱剤は1〜2時間くらいで効き始めるとyahoo知恵袋に書いてあった)

 

待合室には10人ちょっとの患者さんが。

診断を待っていると、もうちょっと症状を書けばよかったなと思った。

背中が痛い、だるい、頭がぼーっとする…等々。

 

病院内にいると、なんだか本当に体調が悪くなってくる気になる。

そういう「気」が蔓延しているのだろうか。

 

 

気丈(きじょう)に毎日仕事に行けるってすごい。

僕なんかその日の給料を削ってでも体力回復させたいと思ってしまう。

もう飲みに行くのやめようかな。(そしてブログを書くようにしたい)

 

 

10:15 診断

 

先生にいろいろ聞かれる。

喉の痛みは?周りで流行った風邪等あった?オシッコの状態は?とかとか。

とりあえず背中が慢性的に痛いとは伝えた。

 

結論「発熱がある割にはこれといって原因が見当たらない(←鋭い)。体力が落ちて夏バテからくる熱中症や脱水のような感じかも」ってことで終わりました。

すみません(ーー;)

 

リアル患者さんが待っていらっしゃるのに、僕なんかのために数分でも時間を割かせてしまいました。

申し訳ないです。

もうこういうことはやらないようにします。

 

10:30

薬(抗生剤、解熱剤)を受け取って、1320円支払って、帰りました。

 

 

 

11:40 会社に電話。

 

「申し訳ありません」と再度謝罪。

「無理しないようにしっかり治して」と言ってくださいました。

 

 

 

 

 

そして自由の日!!

 

もちろんゆっくり休みます!

疲れも溜まってたし!

昨日の「ブログ運営どうするか問題」も考えなきゃだし!

 

とは言え、せっかくなので近所のスポーツセンターに行ってトレーニングを40分くらい軽めにやってきました!

「アクティブレスト」ってやつです!

平日昼間でもわりと人がいるんですね。

大学生っぽいのもいるけど、大人もいる。

自由人か? 不労所得の人か?

 

慢性的に背中が痛いので、広背筋を鍛えるのにチンニング(懸垂)したり、

ランニングマシンでジョグしたり、

腹筋や太ももやお尻周りを鍛えたりしてきました。

 

んで帰ったらお風呂にも入りました。

いつもシャワーだけだったから、湯船に浸かるのは久々。

(実家ではちゃんと浸かってたけどさ)

 

爽快な気分です。

自由人になったら何の罪悪感もなく、こうやって好きなことをしていけるのかと思うとワクワクします。

 

 

 

欠勤するとどんだけ損するのか問題

 

とりあえずその日1日分の給料が消えますね。

時給1400円で8時間勤務なので11,200円

 

あと無駄に通院したので1,320円

 

さらに部屋の空調も使用するので何円か

 

合計で13,000円くらいですかねぇ、この1日で失くしたお金としては。

なかなか大きなお金だな!

本が10冊も買えるじゃんか!

 

 

 

ということで、まとめ

 

こうして無闇に休むと経済的にも大きな打撃を受けます。

職場からの信用度も下がります。

 

なので基本的にはやっぱりちゃんと出勤しましょう。

「過ちて改めざる、是を過ちという」

 

 

 

おわり!