こた通信!

こた通信

気張らずに書いていきたいです。

人間関係をうまくやるのが苦手な人はコーチングを学んでみるのもおすすめ!

 

先日、高崎にて「コーチング」を教わって参りました!

 

ワークショップ的なセミナーです!

 

非常に勉強になりました!

 

講師は大熊実さんという「魔法の質問認定講師」の方です!

 

https://m.facebook.com/minoru.okuma

 

各地の学校にも回って講演活動されてるようですね!

 

実は4月にも大熊さんのセミナーを受けたのですが、その際はメモを取らなかったのでこうして記事にしませんでした…。

 

だって、忘却曲線…(大熊さんが教えてくれた)

 

大熊さん曰く、

 

「メモを取ると聴くことと併せて書くことにも意識が取られるから、インプットが半分落ちる」
「だからメモしなくていいですよ〜」

 

とのことでした。

 

「メモを取らなくていいから、セミナーで覚えたことを一つでも取り入れて習慣化させていくことを重要視して」

 

ということです!

 

(それはそれでごもっともだ!)

 

しかし!!

 

今回はあえてメモさせていただきました!!

 

そして、ここでアウトプットしていきます!!

 

 

 

もくじ

 

 

 

 

コーチングって?

 

大熊さんの話を聞いていくと「人間関係の築き方」みたいなことかな!

 

傾聴したり、承認したり、上手に質問したり。

 

大熊さんは「質問塾」ってセミナーも形式立てて行ってるとのことだ!

 

そして今回はとにかく「質問」に特化した内容でした!

 

 

 

前回のセミナーで覚えたこと(おさらい)

 

*忘却曲線

f:id:kotaronobuta:20160720203406p:plain

http://www.objectfanatics.com/ekutan.html

 

有名だよね!

 

1時間で60%くらい忘れてしまうのだ!

 

 

*マズローの欲求五段階説

 

f:id:kotaronobuta:20160720072319g:image

マズローの欲求5段階説 |モチベーション向上の法則

 

 

人間の欲求は段階的に成っているというもの!

 

コーチングを学ぶ上で「安心」「安全」って大事とのことで!

 

相手にとって安心感を示せたり、自分が安全であることを示したり、

 

そういう部分をちゃんと築いていかないと人間関係ってなりたたないんだよってことを教えられました!

 

 

 

*褒められたら受け入れよう

 

褒められるとついつい恐縮して否定してしまうのが日本人!

 

ぼくもめっっっちゃその傾向がある!

 

けど、成功する人ほどほめられたら受け入れるのが上手いらしいんだ!

 

褒められたら

 

「ありがとう!」

「よく言われますw」

「褒め上手だね〜www」

 

なんて感じで、否定せずに受け入れるのが良い!

 

褒めた側も「ありがとう」って受け入れてくれた方が気持ちいいらしい!

 

この2ヶ月くらいはぼくも意識して「あざっす!」って言うようにしてきた!

 

顕著な効果は見られないけど、継続していきたいと思います!

 

 

 

共通点を見つけ出そう

 

さて、ここからがこの日の話題。

 

参加してた方と二人一組になってワークをやってみることに!

 

最初の課題は、制限時間内で初対面の人との共通点を何個探せるか(見た目でわかるものを除く)!

 

1分間だったかな?2分間だったかな?(忘れた)

 

 

 

とにかくスタート!

 

 

 

ペアになった主婦のKさんと質問し合って、ぼくがメモしていって……

 

 

 

ぐおおおおおおお!

 

 

 

結果!!4個!!w

 

難しいもんですね!(けど互いに野球が好きってのがわかった!)

 

ペアによっては20個くらい共通点を見つけられたようです!すごい

 

 

 

こうやって共通点を見つけられると心が近くなるんですってね!

 

なるほど。

 

さらに「秘密の共有」ができるとより親密になるんだそうです!

 

バイトで廃棄の食材を店長に内緒でこっそり持ち帰ったり……とか?(よい子はマネしないでね)

 

 

 

最近うまくいってることを3つ

 

「最近うまくいってることを3つ、挙げてみて」

「グループ内で発表してみて」

 

っていうワークをやりました!

 

※ワークのルールとして「どんな答えも正解。出なかったとしても正解」となっています。考えることが重視されています。

 

ぼくは「早寝早起き・職場の研修の習熟・カロリーコントロール」を挙げました!

 

でグループ内で発表して、小さな拍手をもらって…。

 

で、これをみんなでやると、部屋のムード(気)がすごく良くなるとのこと!

 

なるほどね!

 

また、「最近うまくいってることは?」って問いかけられて、すぐ回答が出るってのは、イコール「いつも考えてる」ってことらしいです!

 

いつもうまくいってることに目を向けられている。

 

ぼくはわりとポンポン出せられました+(0゚・∀・) + 

 

言うのは控えましたが、ほんとは「ブログ運営」ってのも挙げたかったんですよ!

 

自称「うまくいってる」ですからね!!www

 

 


欠けてる円

 

この同じ大きさの2つの「円」を見てみてください。

 

f:id:kotaronobuta:20160720204747p:plain

 

 

 

……これを見たときに人が見てしまうのが「欠けてる部分」なんですって!

 

人間って欠点に目がいってしまうんですって。


自分にも他人にも欠点に目がいきがち。

 

なのでそこを、あえて意識的にうまくいってることに目を向けるのが大事。

 

自分も他人も「良いところ」を見てあげられるようにしたいわけですね!!

 

 


「depression」って単語の意味、わかりますか??

 

「うつ、不景気」って意味らしいんです。

 

うつうつとしてると、景気が悪くなる。


不景気は人の気が起こすんですって。

 

なるほどねー。

 

 

 

また、人に質問するときにもちょっと工夫をしてあげると良いみたい。


「最近どう?」って聞くと、マイナスの出来事もプラスの出来事も答えられちゃう。


「何かいいことあった?」「うまくいってることってなに?」って聞けば、プラスの出来事を頭の中で探し始める。

 

こういう質問の仕方で家庭や職場の空気感が良くなるのであれば、ぜひ取り入れてみたいなと思います!!

 

朝に質問してやりたいね!

 

「最近何かいいことあった??」

 

 

 

質問ゲーム

 

ここでゲーム的なことをやりました。

 

有名人名やスポーツの名前、食べ物の名前などの単語が書かれたカードをグループごとに渡されて、

 

それを一人がおでこに当てて、何が書いてあるのかを他の人に質問して当てるっていうゲーム。

 

f:id:kotaronobuta:20160720210047p:image

 

1分または40秒ごとに鐘がなって、当てられなかったカードは一旦お尻の下に入れ、順番は次の人に回って山になってるカードを1枚めくっておでこに当てる。

 

ただし「これは何?」「1文字目は?」「2文字目は?」といった質問は禁止。

 

グループの人は、質問にだけ答える。

 

って感じ!(説明むずいw)

 

 

 

ここで学べたのは質問の仕方!

 

例えば「香川真司」っていう名前を導きたいときに、

 

「これは食べ物ですか?」「人?」「日本人?」「芸能人?」「政治家?」「スポーツ選手?」「野球?」「ラグビー?」「サッカー選手?」

 

って聞いていくより、

 

「これのジャンルは何?」「どこの国の人?」「何をしてる人?」「背番号は?」

 

とかって聞いていく方が効率良く答えに近づいていけるんだね。

 

 

 

質問には種類があって

 

クローズドクエスチョン (yes no)
オープンクエスチョン (5w1h)
セレクトクエスチョン(a: b: c:)

 

ってのがある。

 

クローズドクエスチョンは


答えがすぐに欲しいとき
多数決
事実確認したい
意思確認したい
会話のはじまり(テンポを作りたい)

 

ってときに有効なんだって!

 

 

オープンクエスチョンは


相手の話を広げたいとき
具体的にしたい
仲良くなりたい

 

なんてときに有効!

 

 

セレクトクエスチョンは


沈黙時、間が空いたとき

 

に有効らしい!!

 

人って自由が多すぎると逆に不自由になるとのこと!

 

選択肢が100の中から好きなのを選ぶよりも、4つの中から選ぶほうが選びやすいんだ!

 

ぼくも「お昼ご飯どこで食べたい?」って聞いたときに「どこでもいいよ」って返されたら「んー・・・」ってなる。

 

そこで「じゃあ、バーミヤン・ガスト・大戸屋だったらどれがいい?」って聞き返すといいよ!って感じかな!

 

「えー、どれも微妙」って言われたら「え」ってなるけど。

 

 

 

あなたの周りにはどんな人が多い?

 

 

最後に受けた質問はこれでした。

 

Q1,あなたの周りにはどんな人が多い?
Q2,今後どんな人と一緒にいたい?

 

 

 

ぼくが答えたものとしては

 

A1,やさしい 平和的 たのしい

A2,やさしい 平和的 たのしい つかれない よく笑う

 

といった内容でした。

 

 

 

これ、結論としては、他人(周囲の人)のことではなくて、自分のことを示している傾向にあるとのことです。

 

ほう、おもしろい。

 

Q1は今の自分のこと。

 

最初にもワークでやった通り、結局、人は共通点の多い人に好印象を持って一緒にいるようになってくるとのことなんですね。

 

なので、周囲の人は自分を表しているんだと。

 

またQ2は今後の自分像。

 

どんな人になっていきたいのかーっていうことでした。

 

 平和が一番。

 

 

 

 

 

まとめ

 

ってことで、コーチングセミナーを受けてきた覚え書きでした!

 

一応コーチングの本も電子書籍で買ってみましたが

 

kotaro-nobuta.hatenadiary.jp

 

本にはない内容も多いので、奥が深いものなのだなと感じています。

(ていうかこの記事ではほとんどコーチングのことに言及していない件)

 

 

 

けど、やっぱり人とのコミュニケーションの取り方みたいなのって、あんまり習ってこなかったしさ。

 

質問の仕方なんて、親にも学校にも教わったことない。

 

みんな自己流でやってきてるんだもんね。

 

それでうまくいってる人は自己流でいいけど、人間関係が苦手だったり、ついついケンカしちゃったりする人はこういうのも学んでみるとおもしろいと思いました!

 

 

 

また9月にも参加してきます!

 

固苦しくもないしねw

 

そんな感じでした!

 

 

 

 

この日の書いたぼくのメモはこんな感じです

 

f:id:kotaronobuta:20160720190232j:image

 

 

 

ってことで、おもしろかった!!

 

「最近どんないいことがあった?」ってことを朝の会で発表させるのも、学級運営に良いかも!

 

もちろんご家庭でも!!

 

 

 

以上!

 

 

 

 

 

おわり!

 

 

マンガでやさしくわかるコーチング

マンガでやさしくわかるコーチング

  • 作者: CTIジャパン,重松延寿
  • 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター
  • 発売日: 2014/03/22
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る