こた通信!

こた通信!

安閑とした日々がご希望ですか

【社会】アメリカ大統領選挙、簡単な予備知識的なもの

 

さて。

 

ドナルド・トランプって知ってる?

 

世間をお騒がせの不動産王・大統領候補だお!

 

f:id:kotaronobuta:20160707205653j:plain

http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51913792.html

 

 

過激なスピーチでやんややんや言われているとのことだが、

 

それ以上のことはよく知らない!!!!

 

(^_^;)

 

だってさー、社会は地理も歴史も公民も超苦手だったしさー、通知表「2」とか取ったことあるしさー。

 

(平安時代だけはわりと好きだったのでその時はたしか「4」かな)

 

ニュースで見てても、そういう政治的なことって分かりにくくされてるじゃん?

 

日本のマスコミとはそういうもんなんだ!3S政策」かな?

 

 

 

けど、分かりにくくても時事的なことは多少知っておかないとさ!

 

高校受験でも大学受験でも就職試験でも、そういう一般常識的な知識って必要じゃん?

 

特にトランプ氏には話題集中してるし!!(名前も面白い)

 

アメリカの政治ってどうなの?

日本への影響とかあんの?

 

って思う!!

 

けど、よくわからん!!!!

 

(そんなんでよく教員やってたな;;)

 

ってことで調べてみた!!

 

 

これで多少はわかるようになるハズ!!

 

 

 

もくじ

 

 

 

 

いつ大統領選挙やるん?

 

アメリカ大統領選挙は2016.11.08を予定されてる!

 

November!あと4ヶ月後だ!

 

これから大詰めだな!

 

ちなみに前回は2012.11.06で、そのときはオバマが再選!

 

そんな感じ!

 

 

 

アメリカって「二大政党制」

 

アメリカって「二大政党制」ってのを取っていて、

「民主党」「共和党」で分かれているんだ!

 

 

「民主党」と言えば、バラク・オバマがまず有名だね!

 

あとは第42代大統領ビル・クリントンも民主党!

 

ルーズベルト大統領ケネディ大統領も民主党だ!(聞いたことある名前でしょ?)

 

今回の候補者のヒラリー・クリントンバーニー・サンダースも民主党!

 

 

 

で、「共和党」といったら、最近の大統領では第43代大統領ジョージ•W•ブッシュだね!

 

歴代の有名どころで言えばエイブラハム・リンカーン

 

「人民の人民による人民のための政治」って言ってた人な!

 

で、今回の候補者では大注目のドナルド・トランプが共和党なのだ。

 

 

 

民主党と共和党の主な特徴をまとめておいたから、ざっくり見てみてね。

↓↓↓↓↓

 

民主党

 

リベラル(自由主義)

 

国際主義的で国連に好意的

 

中絶完全自由化

死刑廃止

結婚制度反対、同性愛容認

不法移民容認

労組重視

宗教多様化容認

 

 

共和党

 

保守主義(キリスト教)

 

国益重視で国連に反感

 

人口妊娠中絶禁止

死刑制度存続

家族制度重視

不法移民反対

銃規制反対

 

 

 

 

こんな感じ!!

 

 

 

 

ドナルド・トランプの主張例(1)

 

f:id:kotaronobuta:20160707194820j:plain

http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51900368.html

 

「メキシコからの移民は1人残らず追放すべきじゃあああああ!!」

 

って言ってる。

 

共和党なんでね。

 

要は「不法移民してくる輩のせいで、アメリカ人の仕事が奪われてっから!」ってことなんだよね。

 

「メキシコ政府の費用で、メキシコとの国境に高い塀を作るべきじゃ!!!!」

 

って言ってるトランプ。

 

 

 

他の政治家らはここまで言えないんだよね。

 

「アメリカ労働者のことを考えたら、そりゃ反対したいよ? でもさ、アメリカって移国の国じゃん? やってくる人のことは拒絶できないよぅ......」

 

って感じ!他の政治家らは。

 

 

これにアメリカ国民は不満爆発ファイヤーなんだ!

 

「賃金上がんねえから!!」

「生活が良くなってねえから!!」

「政治改革しろよおおおおおおおお!!!!」

 

って感じ。

 

でも、政治家たちに明確な対策はなし。

 

 

 

他の政治家らが言えないでいることを、トランプは明確に主張しているんだね。

 

そこに人気が集まっているんだ。

 

 

 

 

 

ドナルド・トランプの主張例(2)

 

「イスラム国(IS)ぶっ潰す!!!!」

 

って言ってる。

 

これはオバマの中東政策が中途半端、というか微妙なんだよね。

 

アフガニスタンに駐留してる米軍とかいるんだけど、オバマはそれを「撤退させる!」って言っときながら、あとから「やっぱ撤回!継続駐留させる!」とか言ってるわけ。

 

これにアメリカ国民は「え?」って感じ。

 

結局どうしたいねん!!!!

 

って、イラついてる感があるわけだ。

 

 

 

そこでトランプは「イスラム国(IS)は徹底的に潰したるかんな!!!!」って言い切っている。

 

「シリアを石器時代に戻すこともできっから!!」くらいに言ってる。

 

 

 

そんな感じ!

 

(戦争はだめだよっていうぼくの個人的意見)

 

 

 

ヒラリー・クリントンの考える政治

 

f:id:kotaronobuta:20160707201805j:plain

http://matome.naver.jp/odai/2144602223945665801/2144660133236645203

 

 

大統領候補としてこの人の名もよく耳にしますよね!

 

ヒラリー・クリントン!

 

元アメリカ合衆国国務長官!ビル・クリントンの嫁!

 

もちろん夫婦そろって民主党だ!(オバマも民主党)

 

 

『ニューヨーク・タイムズ』なんかでは民主党有利みたいな報道がされていて、ヒラリー・クリントンの支持率は高い。

 

けど......

 

この女も結構いろいろあるんだぞ!!(^◇^;)

 

 

 

まず、若い女性有権者には結構嫌われとる!!(^◇^;)

 

というのも、夫クリントンがなかなかのスキャンダル野郎で。

 

日本でも流行ってる「不倫」とかな。

(いけないことだ)

(なお民主党は結婚制度反対)

 

このスキャンダルの数々をもみ消そうとしたり、不倫相手の女性を非難したりして、

 

女性有権者に嫌われとるわけだ。

 

 

 

また、上院議員とか国務長官とか、偉い地位で仕事してきたのに、そんなに目立った業績は残していないんだよなあ。

 

その辺も支持を伸ばす足かせになってるんでしょう。

 

 

 

あと貿易制度についての発言ね。

 

ヒラリーは「自由貿易こそがアメリカの富を増やすのよ!」って言ってたわけ。

 

けど、バーニー・サンダースっていう他の大統領候補のおじさんが同じ民主党にいるんだけど、その人が

 

「自由貿易で雇用は失われた」

「NAFTA(北米自由貿易協定)やTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)といった協定は、もうこれ以上増やさない」

 

って言ったら労働組合とか民主党の進歩勢力がこれをめっちゃ支援したんだよね。

 

そしたらヒラリーよ!

 

「TPP反対っ!」とか言い出すわけ!

 

「おめー、最初と言ってることが違ええじゃねえかよ!!」ってツッコミな。

 

 

 

ある学者は

 

「彼女には哲学も思想もない。大統領という権力に憧れているだけ」

 

と言っているらしい。

 

ヒラリーは、新世界の神になりたいのかな?

 

 

 

 

 

......で、ヒラリーが考えてる国づくりはこんな感じ!

 

  • 黒人や母子家庭への援助を増やす福祉偏重政策
  • 中途半端な中東政策
  • 融和的な対中国政策

 

てか、オバマの作ったアメリカをそのまま継承するだけじゃねえかよ!!ってツッコミな。

 

※融和...うちとけて互いに親しくなること。

 

 

 

 

 

 

オバマのオラオラ政治

 

2009年からの8年間、オバマ政権が続いた。

 

これが結構ねー、強引な政治なんだよね。

 

いくつか例を見ていこう。

 

 

①貧しい人を助けるために福祉費を急速に増やした。

 

②食料品を買うためのフードスタンプ(食料品購入用のクーポン券)を乱発した。

 

③国民全員が健康保険に入らなければならないという政策(共和党の保守派は反対していたが、大統領特別権限で無理やり法案を押し通した!!←)

 

④「連邦準備制度制度理事会(FRB)」の理事15人を全員民主党系にして金融緩和に!!(通常、理事は議長を除き、7人ずつ共和党系と民主党系から任命される)

 

※連邦準備制度…アメリカの中央銀行制度

※金融緩和…金融市場で資金の供給が需要を上回り、資金調達が容易になった状態。つまり、紙幣をたくさん刷ったり、銀行からお金を借りやすくして、経済が活発に動くように仕向けたってこと!

 

って感じ!

 

かなり一方的で、党派に偏った政治の仕方だったのだ!

 

 

 

オバマも黒人として差別を受けてきてね。

 

既成の政治権力、特に共和党の保守勢力を憎んでいて、その議会を完全に無視してオバマの政治を作ってきたんだ。

 

で、アメリカは分裂してしまった。

 

 

 

そこに対する大っっっっっっきな批判が、トランプの超過激な演説や政策に表れているんだね。

 

 

 

 

今後のアメリカと日本

 

そんなこんなで、アメリカの政治は分裂してる。

 

そうやって内輪でイザコザしてもめてると、国家としての戦略も破綻する。

 

国としての力はもう大きく弱まってしまったと言っていいだろう。

 

世界における立場も失った。

 

 

 

日米安全保障条約ってのが1951年に結ばれている。

 

この65年間、日本はアメリカに守られてきた。

 

(沖縄の米軍基地問題とかいろいろあるけど、ここでは一旦置いとこう)

 

虎の威を借る狐とまでは言わないけど、アメリカのおかげで国の安全と繁栄を維持してきたわけだ。

 

 

 

だがしかし。

 

アメリカ弱体化

日本ピンチ!!

 

ピンチはチャンス?

 

いやいや、ピンチだよ!!!!

 

 

 

トランプくんは言う。

 

「なんでアメリカが日本を守らにゃいかんのじゃい!! アメリカが中国やロシアと戦争し始めたとしても、日本は一緒になって戦うわけでもないんじゃろうがあああ!!」

 

日本人「・・・・・・」ちーん

 

でもここでもやっぱりトランプの意見っていうのは、多くのアメリカ人の考えを反映させてるんだわな。

 

アメリカもロシアとか中国、中東の国々と政治的・軍事的に対決しないといけない立場に追い込まれてる。

 

余裕ないのよ。(ミサトさん)

 

 

 

 

 

おわりに

 

ここから個人的意見を主に書いていくね。(そんなたいそれたもんでもないが)

 

 

日本もさ、いろいろ危機的であるよね。

 

北朝鮮からちょっかいを出されてたり、イスラム国からもいろいろあったりするわけで。

 

でも憲法第9条のこともあるから、戦争には持ち込めない。(持ち込まない)

 

自衛はいいのかな?

 

微妙な感じだよね。

 

 

 

ぼくは平和主義だし、血が流れるのは見たくないし、家族も友達も愛する人も守ってやりたい。

 

幸せでいてほしい。

 

けど、そんな穏やかな世界が現実に脅かされそうになってるんだ。

 

もちろん、世界中を見渡せば、戦争中の国の中で苦しい目に遭っている子たちもいるんだって、理解した上での話。

 

 

 

アメリカの分裂、日本の孤立化。

 

さらに英国のEU離脱もあった。

 

世界がバラバラになろうとしてるんじゃないかな。

 

もう一度手を取り合って助け合っていこうとすることはできないのだろうか、なんて思う。

 

そんなとき、最も重要な資源はやっぱり「人」だ。

 

「人」の「未来をよりよくしようとするパワー」が世界に影響を及ぼして変えていくんじゃないかな、なんて思う。

 

 

 

 

ってことで、今日の小話でした。

 

あんまり悪い方向にいかないでくれー、日米関係。

 

 

 

 

 

おわり!

 

 

 

今回参考にした書籍

 ↓ 

トランプが日米関係を壊す

トランプが日米関係を壊す