こた通信!

こた通信!

安閑とした日々がご希望ですか

妥協するな!オリジナル文章のコンテンツを増やしていこう!

 

いかにオリジナルの文章でコンテンツを充実させていけるか。

 

大変だけど、これって大事なことだと思うんです。

 

オリジナルってことは、「自分」だからこそ書ける文章。

 

そういう記事を増やしていけたら(いかなきゃ)と思うんです。

 

 

 

基本に立ち戻ろう

 

そもそもさ、Googleアドセンスの審査を受けるのに、気にしてた項目ってあったじゃん!

 

  • 本文は700~1000文字くらいを目安に書く
  • 10記事くらい用意する
  • コピペは絶対NG
  • 他サイトへのリンクもないほうがいい
  • 規約に則って書く

 

こんな感じのことを意識しながら書いたと思うんだ!

 

だがしかし。

 

いざブログ記事を書いて書いて書きまくっていくと「妥協したい…」みたいな甘えが生じてきて、

 

リンクを多くしたり、引用を多くしたりしてしまうこともあるだろう!

 

それはGoogle大魔神様から見たら

 

「おいおいおいおい」

 

って話になってしまうだろう!

 

結果、評価が下がっちゃうってことになるんじゃなかろうか、って思うんだな!

 

 

 

読書メモの記事は読まれにくい(かも)

 

先日こんな記事を書いたのだが。

 

kotaro-nobuta.hatenadiary.jp

 

記事の内容を超簡単に言うと、

 

読書したら「備忘録」でいいから引用してブログに書いて、自分の所感などを添えて、記事を投稿しよう!

 

みたいな感じだ!(若干ニュアンスが違うかな?)

 

 

 

これに習って本の引用をしまくっていたのが先週くらいのことだ。

 

そしたら、

 

アクセス落ちた!!!!

 

f:id:kotaronobuta:20160615215415j:image

 

 

 

いや、単純に「引用を多用したこと」が原因じゃないのかもしれないけど、

 

タイトルとかも妥協したりした部分もあるから、そういう一面もあるのかもしれないけど、

 

引用文の書き方も良くなかったのかもしれないけど、

 

とにかく読まれにくくなったのだ!

 

 

 

とは言え、無印良品の戦略について書いた記事は、引用部分があったにもかかわらず、わりかし読んでいただきました。(ありがとうございます!)

 

kotaro-nobuta.hatenadiary.jp

 

結局、引用うんぬんじゃなくて、読者の興味関心に沿っているかが大事なのかもしれません。

 

 

 

とはいえ、「引用部分ばっかり」って記事より「記事の執筆者本人のことばが多い」記事のほうが、やっぱり読んでいて心地いいですよね。

 

 

 

 

 

全然引用してもアクセス集まるよって人もいるのかなあ?

 

そもそも「備忘録でいいから読書メモ記事を書いていこうぜ」って提唱されたイケダ氏は

 

読書メモ記事だけじゃなくてオリジナルの文章もめっっっちゃ書いているんですよね。

 

1日5~6記事くらい投稿していて、基本的にはオリジナルの文章がメイン中のメインなんですよね。

 

その中で読書メモ記事が1本か2本くらいあったって、ブログ全体としては圧倒的にオリジナルのものが多いんだからさほど影響はないでしょう。

 

 

 

これを「1日1記事」のぼくが読書メモ記事を連投するから変な感じになる。

 

アクセス落ちる。

 

ええ、御愁傷様でした。

 

 

 

SEOとかGoogleの評価に関しては詳しくないのでよくわかりませんが、

 

もしも評価が落ちてしまうようであれば、

 

ちゃんと自分のことばの文章を多くしていって、巻き返していかないといけないな、と思っております。

 

 

 

とはいえ、本を読むのも好きなので、読書感想の記事はこれからも書いていきます。

 

引用をメインにしないことですね。

 

オリジナルの文章が主、引用部分が従になるような主従関係のバランスでなければいけません。

 

って、この本のP75に書いてあるしね!

 ↓ 

現役アフィリエイターが教える!  しっかり稼げる Googleアドセンスの教科書

現役アフィリエイターが教える! しっかり稼げる Googleアドセンスの教科書

 

 

 

 

 

まとめ

 

もうほんとに「試行錯誤」ですよ。

 

効率良くできるようにもしたい。

 

けど、手を抜いてる記事って読み手にバレるんだよね!

 

だから努力して、妥協せずに、オリジナルのコンテンツ作りをしていかなきゃだ!!

 

そんなようなことを考えながら、日々奮闘しています。

 

 

 

まあ、とにかく、楽しくやろう!

 

それが一番だな!

 

 

 

 

 

おわり!