こた通信!

こた通信!

気張らずに書いていきたいです。

明日は我が身?なぜホームレスはホームレスになってしまったのか

 
雨の多い時季になりました。
 
毎朝8時ごろに池袋構内を歩いていると、ホームレスの方の姿を1~2人くらいは目にするのですが、
 
雨の日はこのホームレスの方々が増えるわけです。
 
6~7人くらいになるかな?
 
「今日は多いなあ!」
 
と驚きながら、ぼくは横を通り過ぎていくわけです。
 
スタスタスタ。
 
よく見かける人もいれば、見たことない人もいます。
 
汚れたスニーカー、汚い白い靴下、古びれたドラムバッグ。
 
いつもいるお婆ちゃんは、だいたい寝ているのですが、先日は編み物をしていました。
 
みなさん、食事とかどうしてるのでしょうか。
 
「炊き出し」ってやつでしょうか?
 
それでも「生きていることは素晴らしいことだな」とは思います。
 
 
 

f:id:kotaronobuta:20160614212036p:plain

 
なぜホームレスになってしまったのでしょうか。
 
人生がこんな感じになるなんて本人らは誰も思っていなかったでしょう。
 
彼らが出生したときは、きっとどこかの家か病院で、親御さんも出産するだけの環境を持っている中で生まれてきたんだと思います。
 
(そうじゃない人もいるかもしれませんが)
 
昔は良かったのかもしれません。
 
バブリーな時代もありましたしね。
 
ホームレスとなった今、きっと彼らの持つ「過去」よりは厳しい状況になってしまってるかと思います。
 
 
 
きっかけは何だったのでしょうか。
 
仕事がなかったのでしょうか?
 
うーん…仕事は選ばなければ、バイトだろうが日雇いだろうが、何でもあると思いますが。
 
借金でしょうか?
 
自己破産ってやつかもしれませんね。
 
「お金がない」というのは怖いです。
 
 
 
「本人のやる気の問題だ」とぶった斬る意見の人もいますが、
 
10人が10人、そうとは限らないんじゃないかなあとぼくは思っています。
 
自分ではどうしようもできない状況になってしまって、ホームレス人生になってしまったって人もいるんじゃないかな。
 
心苦しいけど。
 
 
 
「ホームレスを救済するにはどうしたらいいのかな」なんて漠然と思いをはせることがあります。
 
っていうかホームレスを横目に見ながら何となく考えているだけですが。
 
 
 
お金を渡したら自力で何とかするのかな?
 
いくら渡せば足りるんだ?
 
それとも効果的なお金の使い方も考えずに使い切っちゃうのかな?
 
そもそもそんなの根本的解決になってないよな。
 
やっぱ仕事を与えることかな?
 
雇用、労働。
 
けど、雇う側もある程度ちゃんとしてないと雇いたくないよな。
 
教育とか衛生面とかのケアも必要だよな。
 
お風呂かシャワーを利用させてあげたり、汚くて臭い衣服を替えてあげたり、ボサボサの髪の毛を整えてあげたりしないと、人と接することがまず難しいもんな。
 
あと住まいもちゃんとしなきゃね。
 
 
 

f:id:kotaronobuta:20160614212630p:plain

 
毎日仕事をして、好きな服を着て、遊びにお金を費やして、
 
そうしていれば「わたしがホームレスになるなんてありえない」って思ってない?
 
ぼくは結構「明日はわが身」だと思っています。
 
だから必死にもがいて、もがいて、もがいているわけです。
 
毎日見てると、ほんとに怖いな、って思ってしまいます。
 
人生なんて何が起きるかわからないからね。
 
 
 
そういうとこは結構ネガティヴなんです。
 
 
 
 
 
ああ、ほんと、一生懸命がんばろう。
 
 
 
 
 
 
ゴミのようなダンボール
そこで眠る老婆
錆びた夢の残骸
明日は我が身 だけど
素通りする 素通りする 素通りしたりする
(So Let's Get Truth / Mr.Children)
 
 
 
 
 
おわり!
 
   
深海

深海