こた通信!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こた通信!

アラサー男子の読書ブログ。

母さんはそういう寂しさを抱えてるのかもしれない。

 
 
さて。
 
昨日(日曜日)は夕方からフワッとゆっくり過ごしてたのですが、いろいろトラブルがある中で思ったことがありました。
 
母さん好きすぎてマザコンかもしれないです。
 
そんな話。
 
 
 
今回の記事は半分ぐらいダラッと書いているんで、前半読み飛ばして後半に飛んでくれてもいいです(^◇^;)
 
 
 

前半

 
 
 
昨日の記事にも書いたとおり、この土日は忙しくしていました。
 
 
ゴールデンウィークが終わり、
久々の5連勤に疲れ、
金曜日夜は飲みに行き、
土曜日はバイトし、
日曜日(今日)は地元の消防団の活動に参加してきました。
 
疲れたー!!
 
 
日曜日の午後に地元(埼玉県飯能市)から自分のアパート(神奈川県川崎市)に移動し、18時半くらいから夕飯の準備をし始めていました。
 
疲れもあったので「たまごかけ納豆ごはん」で妥協しようかなーという気持ちもあったのですが、
先日行った結婚式の出席のお礼に頂いた「お肉屋さんたどころ」のお肉(和牛サーロインステーキ)を焼いて食べることにしました。
 
 
 
冷凍しておいたごはんをチンしながら、お肉を焼き始めること5分ほどで…
 
急にレンジが止まりました。
 
ええっ!?
 
よく見たらフライパンを加熱していた電磁調理器も止まっています。
 
しかし、ブレーカーは落ちていません。
 
 
 
…えーっと。
 
もしやと思って冷蔵庫を開けてみたら、
 
ああ、点いてない。
 
浄水器も電源が落ちている…。
 
 
 
これは…
 
電源マルチタップが死んでしまったのか!!!!
 
ぐわー!
 
肉、全然焼けてねえよ!
 
どうするん!!!!
 
 
 
ごはんのレンチンはほぼ終わってたのでいいのですが、
 
どうするか…。
 
電源タップ外してコンセントに直接つなげて一夜をやり過ごすか…?
 
いやいや、それだとつなげるのは冷蔵庫オンリーになって、浄水器が使えなくなる。
 
他の電源タップをキッチンに持ってきてやり過ごすか…?
 
テレビやミニコンポや空気清浄機をつなげてるのを外せば、後でミニコンポの時刻合わせしなきゃいけない手間が発生するし。
 
PC機器類の電源タップは…外せないでしょう。
 
 
 
ということで、悩んだ末に出したのが答えが「買いに行くか」です。
 
コンビニには置いてなかったので、二子玉川(隣駅)へ!
 
最初無印良品のを買ってこようかなーと思ったのですが、こちらの記事を参考にして「耐久性のあるのが欲しい」と思い、(電源タップを置いてあるかわからなかったけど)蔦屋家電へ行ってみました。
 
「電源タップを買いに蔦屋家電」って、ブルジョワかよ(笑)
 

f:id:kotaronobuta:20160516211033p:plain

 
 
 
絶対に見つけられないと思ったので(しかも焼き途中の和牛が家で待っている)、ソッコーで店員さんに聞きました。
 
電源タップ、2階にありました!
 
丁寧な案内、ありがとうございます!
 
優しくて感動した!
 
Panasonicのを買って帰宅〜。
 
無事にステーキ丼を作ることができました。
 
f:id:kotaronobuta:20160516210758j:image
 
※めっちゃ柔らかくて美味しかった!!ちゃんと写真撮って食レポ記事にしたかった!!(撮ってなかった)
 
 
 

後半

 
 
 
…と、まあ、ここまでいったところで、このことを誰かに話したい!欲求が生まれました。
 
というか母さんに話したいな、と。
 
 
とりあえず電話…プルルルル。
 
出た。
 
 
北海道の結婚式のお礼でもらった肉のこと
土日で疲れてたこと
電源タップが壊れたこと
浄水器や冷蔵庫も止まったこと
わざわざ買いに走ったこと
肉は美味しかったけど、脂身で少々気持ち悪くなったこと
 
まったくオチのない一方的な「苦労したよぉ」って話でしたが、ただただ「うん、うん」って聞いててくれた母でした。
 
電話を終えて、ふと思ったのが「ああ、こうして全部受け止めて聞いてくれる母さんがいるのも、いつかなくなっちゃうんだろうなぁ」ってことでした。
 
母ももう59歳で、今年還暦を迎えます。
 
順当にいけばこの世を去るのは母さんが先でしょう。
 
そうなったら母さんに話を聞いてもらうことはできなくなります。
 
それよりも先に認知症などを患って、会話もままならないことになるかもしれません。
 
こうやって縁起でもないことを言うのもどうかと思いますがね。
 
言霊になって現実にならないでほしいけど。
 
でも「寂しいなあ」と思ったのです。
 
 
 
母さんはそういう寂しさを抱えてるのかもしれません。
 
母方のおばあちゃんはもう何年も前から認知症とうつを患って、(まるっきり会話ができないことはないですが)以前のように正常な言葉のキャッチボールはできなくなりました。
 
※おじいちゃんは30年くらい前に他界しています。
 
唯一の肉親だった弟も昨年他界してしまいました。
 
母の中でも家族を想って「あの頃はよかったな」と思うこともあるでしょうと思います。
 
 
 
幸い、母さんには友達もいて、身体も元気でいるので、良かったなと思っています。
 
まあ「肩が痛い」とかってのはボヤいていますが(^◇^;)
 
元気でいてくれることがこんなにも有り難いことかと、最近思うようになりました。
 
それでも万が一に備えてのことはやっておきたいと思います。
 
 
 
そろそろ地元に戻りたいなとも思っています。
 
実家には戻らないけど、近くで住みたいな、と。
 
1LDKの部屋でも探して、彼女とも住めたらいいなぁなんて。
 
(品川で仕事している彼女がなんて言うか、納得するかは不明(^^;;)
 
最初は1人で地元に戻って住んでもいいしね。
 
ぼくはこの数年で結婚したり、仕事がんばったりして、母親以外の心を落ち着かせられる場所を築いていかないとなぁと考えています。
 
自立していかないと。
 
 
 
 
 

おわりに

 

 
あ、これは「与えられること」ばかり考えている状態だ!
 
あかん!
 
逆に人に「与えること」を考えていかないと!
 
 
 
 
って感じの月曜日!
 
あと母さんが「オーロラ見に行きたい」って夢を話してたから、元気なうちに連れて行ってあげたい!
 
 
 
ザコンかな?!
 
そんなことないよね!?普通だよね?!
 
 
 
まーいいか!
 
また明日もがんばろう!!
 
 
 
 
おわり!