こた通信!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こた通信!

安閑とした日々がご希望ですか

【感想】夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。(高橋歩)

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。

 

さて。

 

世の若者らに語り尽くされたであろう「高橋歩」。

 

彼の著書で唯一所持しているのが、この「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。」という本である。

 

この本についても、すでに多くの人が言及しているだろうが、

 

ぼくも改めて目を通して見て、今のぼくが気にとめた箇所を引用して軽く言及していこうと思う。

 

 

 

 

 

大きな岩を動かしたければ、はじめから「みんなであの岩を押そうよ」なんていってないで、まず一人で押してみる。

 

一人でやってみることだよなあ。

 

何か大きな企みを持っていても、それを友達に「一緒に実現させようぜ」って話したところで誰も乗ってこない。

 

自由 独立 フリーランス 起業

 

世の中の大半の人はサラリーマンなのだから、その考え方から外れていれば外れているほど、一般人の賛同は得難い。

 

サラリーマンが良いとか悪いとかではなくて、そういうものだって話ね。

 

サラリーマンだってどの職業も尊い仕事だと思う、社会が円滑に回るようにするために。

 

しかし、自分で価値を創造していく、生み出していくというのは、多くのサラリーマンの思考からは逸脱している。

 

それが起業家精神、アントレプレナーシップってやつだろう。

 

自分はどう生きたいのか。

 

それがサラリーマンでは実現できない場合には、起業するという選択肢もある、ということだ。

 

群れずに。

 

一人でも。

 

 

 

とりあえず突っ込んで、学んで、必要に応じて軌道修正。

それでいいべ。

 

やってみないと課題は見えてこないのだな。

 

最初からビビって計画ばかり立てていたって、行動しなきゃ何も始まらないし成果も得られない。

 

失敗すらできない。

 

成功の反対は失敗ではなくて、「何もしないこと」とはよく言ったもんだ。

 

失敗失敗失敗失敗失敗失敗の先に成功があるんだな。

 

自転車に乗る時と同じ。

 

「自転車の乗り方」なんて説明書を何百回でも読んだだけじゃ乗れるようにならねえ。

 

乗れなくてもいいから、まずまたいでみなきゃ。

 

ペダルに足をかけてみなきゃ。

 

最初は何度も転ぶだろうさ。

 

けど、試行錯誤して、自分なりに修正して、その失敗の先に成功が待っているんだよ。

 

 

 

定職について安定?

嫌なことを続けてまで安定したいなんて思わないし、それをオレは安定と呼ばない。

心の安定の方がよっぽど大事だよ。

 

心の安定が崩れるとほんとにヤバいし苦しいよね。

 

生きたいように生きたほうがいいよ。

 

世間体なんぞ関係ない。

 

自分の人生のハンドルは自分で握らねば。

 

親や会社や他人にコントロールされてたらあかんよ。

 

 

 

職業に上も下もない。

当たり前だよ。

 

そのとおりだ。

 

そして、今の自分の仕事に誇りを持って取り組めているかっちゅーことも大事だ。

 

 

 

ルールに縛られるのがイヤなら、自分でルールを創る立場になればいいんだよ。

 

そのとおり。

 

おれもOHI(AW)、ブログ、LINE@、セミナー等、全部自分で決めてやっている。

 

誰にもルールなんて与えられていない。

 

自分で自由にやっている。

 

超たのしいよw

 

ある程度は倫理綱領やモラルみたいなものも考慮はしてるけどね。

 

でも自由だ。

 

最高ですよまじで。

 

 

 

起業するのに一番重要なのは、コネや金や経験なんかじゃないよ。

本当に必要なのは覚悟だけ。

 

「自分がどうなりたいのか」ってことに対して本気出してやりきれるかだよね。

 

おれは365日24時間自分で全部スケジュール組めるようになりたいし、少しずつそうなってきている(ような気がする)。

 

覚悟を持って踏み出せば、何かが動きだす。

 

あとは「なるまでやる」ってだけだ。

 

 

 

石の上にも3年?

つまらない石の上に、3年もいたらダメだろ。

それをやるかやらないかってのは、3年もかけて頭で考えるものじゃない。

嫌な石の上には2秒で充分、次の石に即移動!

 

「おもしろそ!」と思って始めてみても、それがやってみたらマジつまんねーってことあるっしょ?

 

そしたらやめちゃえばいいw

 

ぼくのブログは(前身となるコアラのときと合わせると)4ヶ月くらい経つけど、かなり楽しんでる。

 

ブログは3ヶ月は続けてみないと成果が出てこない・・・みたいなことはよく言われるけど、

 

まあ、ある程度やってみて自分で「嫌だなー」って思ったらやめたらいいんじゃない?

 

やってみないとわかんないことはたくさんある。

 

 

 

嫌だからといって、会社を辞めるのは逃げ?

嫌なことを続けることの方が、よっぽど逃げだぜ。

 

サラリーマンを悪いとは言わない。

 

けど、そこに「なりたい自分」がいるのかどうなのか。

 

今は我慢して嫌なことをしているけど、その先に「なりたい自分」がいるならOKじゃん?

 

生活がああああ、とか言って言い訳してるやつ。

 

ミニマリストを見習え!!

 

minimalist-fudeko.com

 

 

 

自分の仕事を嫌ってるようなクソッタレだけには、ならないほうがいい。

 

同意。

 

 

 

自分が格好良いと思うことをやる。

以上!

 

こういう生き方、木村拓哉氏もしてるよね。

 

カッコイイをつきつめるのも、大変なんだけどな!

 

ついつい怠けちゃったりするしな!

 

そういう人間の弱みもおれは好きなんだけどな!w

 

 

 

やりたくない事を日常的にやってると、本当にやりたいものが見えなくなっちゃう。

そのうちに、金をやりたい事に使う度胸もなくなっちまうぜ。

 

競馬とかパチンコとかでストレス発散したりな。

 

無駄な同僚飲み会で愚痴大会開いて散財したりな。

 

 

 

「やめなさい!」って親に反対されてあきらめるようじゃ、どのみち上手くなんかいかねぇだろ、とも想うしね。

 

親は子の幸せを祈ってるもんだけど、

 

嫌なことを延々と続けていて幸せになるとはなかなか考えにくい。

 

なら親はどう考えるか。

 

「好きなようにやりなさい」じゃないのかなぁ。

 

そのためには自立することも必要だけどね。

 

親離れできてないと生き方を反対されることも多いよね。

 

 

 

「会社の存続が掛かってるどんな大事な会議よりも、子供の運動会を優先する」って、オレは全社員に宣言して会社を創ったから、家庭を犠牲にしてまでやりたい事なんてなにも無いよ。

 

かっけえええ。

 

そして、おれもそうありたい。

 

オフィスKTRも家族優先でいきます。

 

うっす。

 

 

 

オレが何よりも自分の子供に伝えたいのは、「父ちゃんと母ちゃんを見ていると、大人になるのって楽しそうだな」って想えること。

生き方は彼らが勝手に決めてくれればいいよ。

 

おれも子供ができたらそういう父親になりてえ。

 

今の子供たちに、大人は夢を与えられてる?

 

自分の子供に夢を与えられてる?

 

「大人になりたくない、ずっと子供でいたい」なんて思わせたらアウトだと思ってる。

 

自分の背中で見せてやりたい。

 

大人になるって、超たのしいぜ、って。

 

 

 

もう一度言おう。

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。

 

おれは逃げねえ!!!!

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

かっこいい本なんだよ、これ。

 

久々に読んだけど、やる気のスイッチ、入るね。

 

しかし持ち上げられたモチベーションって萎むから、

 

そこに満足してないで「行動」に移すことが大事だな。

 

ブログ書こう。

 

セミナーの練習しよう。

 

断捨離しよう。

 

外に出かけよう。

 

 

 

「人生は思いどおり」だな!!

 

 

 

 

 

おわり!

 

 

 

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。